エロゲー倉庫バナー2      ツイッター管理人のツイッター
 エロゲー倉庫とは? 総合入り口へ戻る  エロゲー倉庫とは?分館(・雑記・リンク等)へ

02/09の更新 ・感想は投稿人の"らぴ夫"さんです〜

 DAパンツ!! (Cadath /2003-1-31)

エロゲーのジャンル AVG CDの枚数 本編枚 おまけ等 なし
エロゲー感想者の満足度    実質的CG枚数  75
夜のオカズ度    エッチCGの比率  80パーセント
ゲーム属性 音声の有無  あり
アニメの有無  一部
■手短なゲームの内容

未曾有の恐怖が日本を脅かしていた。
空を飛び、女性を襲うパンツ。
女性の下半身にくっつき、本来履いていたパンツを吸収してしまう。
そして瞬時に子宮に根をはり、脱げなくなってしまうのだ。
そのまま放置しておけば、子宮の養分は全て奪い取られ、使い物にならなくなってしまう。
宇宙からきた侵略者?
某国で作られた戦略兵器?
人々は畏怖の念を込めてこう呼んだ。
チュパンツ・カブル」と。
パンツスキー博士は研究を重ね、
ついにチュパンツ・カブルを撃退する方法を発見した。
チュパンツ・カブルの根は強化された精子に弱いことをつきとめたのだ!
そして精子を強化するために、ある特殊なパンツを開発した。
穿いているだけで男性の精子をパワーアップさせるパンツ、その名は
DA・パンツ!!
(正式名称 OPYU&TTACKパンツ)
今、一人の少年が地球の存亡をかけて立ち上がった!
本編にはこんな設定は出てこないというのに!


…っていうかほんとに意味ないですねこの紹介は。
ああ、パンツ一辺倒アホ系ADVです。


■■ぶっちゃけたエロゲー感想

「おパンツ音頭だよ〜ランラランラランラランラン♪」

 言いたいことは山ほどありますが、
 このエンディング曲で、「まっいいか」と全て流されてしまうパンツゲームでした。

 「何も足さない何もひかない」…という言葉を差し上げたいくらい、ぱんつ一辺倒。
 エッチシーンすらパンツずらして挿入するシーンしかないのには、
 もう勘弁してくださいっス…と頭さげたくなりました。
 私の負けです。

 ゲームですが、印象はぱんつしかないのですが、なんとか思い出してみますと。
 まず、「パンツめくりがいつでも可能」は言い過ぎ、ぶっちゃけ前半〜中盤までで
 燃え尽きてます。ただ後半はエッチシーンが占め、そのエッチシーンがぱんつあり
 なので、まあある程度義務は果たしたといった感じ。

 話は、キャラや展開によってエンディングが異なるマルチエンディング。
 まあ15以上あるみたいです…が私まだ半分程度、主要キャラ四人の妊婦エンドを見ると
 実妹の設定を義妹に帰るモードが現れるらしく、そこまでは頑張りたいです。

 シナリオはパンツをネタにしたお笑い系ですが、あっさりさくさく読める感じで気がつくと
 スキップしまくりそうな軽いっぷりです。しかもスキップモードが装備してあるので
 一度読んだ文はいきなり次の選択までスキップも可能。CG回収も少し楽。
 個人的にはお気楽ヌキゲらしく疲れないので良いのですが、そのぶん
 キャラへの思い入れがあまり…だいたいエッチシーンが、単純にすると「セックスして良い?」
 「いいよ〜♪」と気楽に挿入できる感じな分なんか盛り上がりに欠けます。

 抵抗する女子を無理やり…な親父っぽい方や、愛を高め合ってやっと一つに結ばれる。
 というドリーマーな方にすれば、なめとんのかっと言われても仕方ないくらいお気楽です。
 私は少し恥じらいが欲しかった(親父気味だね…)

 ヌキゲとしては?

 ああ、私はダメでした。やはりパンツに賭ける魂の昂ぶりが重要かと。
 もう3度の飯よりパンツが好きっっっという方はヌキ放題の可能性もありますが、
 どうしてもギャグ系の気分が抜け切れず、ヌケない。いや駄じゃれ書きたかった
 からではなくホントに。なのでこれはパカゲと分類したほうが無難といえます。

 その他

 ・なぜ精液が垂れるとこだけアニメなんや…
 ・チュパンツ・カブルですが、やはりこいつが元ネタですよね(笑)
  少しネタが古くて忘れかけてましたこの未確認生物は。
 ・攻略が進むとでてくる「ぱんつカタログ」が着せ替えのようでなかなか好きです。
  つい裸に着せて楽しんでしまう。
 ・最後のエンディングテロッブに「大宮の下着専門店」の文字が、大変ですね仕事とはいえ
  取材も…


■■■まとめ

ぱんつ♪パンツ♪のOP「ぱぱぱぱパンツ」を下からダウンロードして
  買う気になったらどうぞ。
  あっ私、今日ずっと、「ぱんつ音頭」が頭を駆け巡ってました。
  これからたまに脳裏をかすめるでしょうねこりゃ(苦笑)

 
■絵や内容の詳細はここから〜

 http://www.cadath.com/


前のページへ