エロゲー倉庫バナー2    エロゲー倉庫RSSRSSフィード    ツイッター管理人のツイッター
 エロゲー倉庫とは? 総合入り口へ戻る  エロゲー倉庫とは?分館(・雑記・リンク等)へ  エロゲー倉庫とは?エロゲー倉庫メインページへ

エロゲーソフトの基本情報        エロゲー感想者 とある社会人 様

エロゲー感想スタート画像催眠遊戯 (スタッフィング /2012-10-26)

エロゲー倉庫
エロゲー感想者の満足度 エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星 5 点
夜のオカズ度 エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星 6 点
エロゲーメーカーリンク画像 メーカーバナー
エロゲージャンル画像 催眠誘導ADV
エロゲー属性画像 エロ重視オカズゲー
 メディア DVD 1枚
CGの枚数  CGのおおかな枚数 60枚〔差し分込み〕
エッチCGの割合  50%    音声の有無  あり
システムの感触  良い 動画の有無 なし
エロゲーの通販・買取のPCショップうの屋さん。管理人もたまに利用中。
 
エロゲーソフトの紹介

エロゲー感想スタート画像「お前のマジック、見飽きたんだけど」
クラスメイトにそう言われてしまった主人公・浦河柳 (うらかわ やなぎ) は焦った。
背は低く 顔は冴えなく 運動も勉強も見事に平均やや下の彼が、唯一みんなを楽しませることができるネタ、それが得意のコインマジックだったのに。
それが、飽きたと言われてしまっては! クラスのみんなが集まる二ヵ月後のクリスマスパーティーには、新しいネタを披露しなければ!

そして柳は心を決める。 みんなを楽しませるために、新たな技を身につけなければならない。
それが“催眠術”。
一人で出来るコインマジックと違い、
催眠術の習得には練習相手がなくてはならない。
そこで柳は目星をつけた。
エロゲー画像2
エロゲーソフトの感想

エロゲー感想スタート画像催眠の深度が進行する過程描写は丁寧、但し催眠という名を借りた快楽漬け陵辱ゲー

催眠・マインドコントロール・洗脳をテーマとした多数のエロゲにおいて
主人公とヒロインが親しくなり比較的短期間で肉体関係を結ぶ展開の為に都合よく使えるテーマであり
虚構エロへの導入部分をライターは手軽に描け読み手であるプレイヤーも多種多様の
妄想エロが楽しめる両者両得な一代エロジャンルとして

純愛・陵辱・寝取り寝取られと並び同人商業作品ともによく使用されているジャンルでもあります。
それゆえ催眠状態でのHシーンに重きを置いたものが多いなかで本作の着眼点は
少し異なり催眠行為自体への描写です。

体験版において催眠行為シーンの幾つかを観賞可能でその描写の細やかさが体験できます。
催眠における被験者と行為者の信頼関係の大切さやマジックにおける心理的生理的な
錯覚の利用による段階的な催眠等の説明がなされます。
その上で実際に感覚の揺らぎを利用して浅い催眠状態へ
そして覚ませてまた新しく暗示をかけて催眠状態へ。

より深く深く催眠状態にすることで更に被験者(ヒロイン)の心理の深い部分に
暗示を刷り込み最終的には虚偽の疑似記憶を植え付ける(上書きする)
事も可能になったところからエロゲー的なフィクション催眠へと本作の
秀逸な催眠描写のシナリオが快楽漬けゲーへと変容していきます。

日々催眠を通して相手役となってくれるヒロインと過ごすうちに主人公は
異性としての好意を抱き情欲を募らせ服を脱がせて悪戯程度で済ませヒロイン
の心身を弄ぶ様な悪用を控えていたものの回数を重ねる毎に飽くなき催眠技術の
追求としながらも自分の情欲を満たすため幸福感と快楽感の
感情操作催眠によってヒロインを情欲化させていきます。

その淫らな痴態を目を当たりにし抑えが利かなくなった主人公は
遂にヒロインと強引に関係を持ってしまいます。
自らの欲求を満たすために相手の信頼を踏みにじるような真似は
しないという当初の思いを捻じ曲げてまで。

更にはヒロインの自分に対しての気持ちを確かめて信頼関係としての
好意だけではなく異性としての恋意が無いとみるや以下のような鬼畜外道な所業にでます。

今まで記憶の奥底に閉ざしておいた強引に相手から関係をもたせて
肉体関係を継続してきたことに気づかせて茫然自失さらに逆上させる。

その後あらかじめ植え付けておいた催眠暗示により快楽責めの連続絶頂をさせて自我崩壊寸前までおいやる。
限りなく空っぽになった心理状態に付け入り偽りの恋愛感情を記憶操作で
上書きし無理やり恋人関係を作り上げ表面上は恋人同士に。
以上が恋人ルートでの各々の結末となります。

主人公と詳細事情を知らない登場人物たち(クラスメイト)にとっては
純愛展開と取られかねませんがヒロインにとっては明らかに陵辱展開での結末。
よって本作は初めの一文にも記載しましたが快楽漬けによる陵辱ゲーと私には感じられました。

ゲーム本編で語られた術者と被験者の信頼関係が催眠の成功には不可欠という設定はどこへやらで

しかも序盤にあるような催眠悪用に対してヒロインが違和感を感じて覚める
制裁処置(BADEND)が有りません。

虚偽の記憶や感情(恋意)が植え付けられるほど催眠の深度(術者への心の受け入れ)
が進んだことを表現したかったのかもしれませんが
では結局催眠暗示の深度が進めば相手に対して到底受け入れがたい
(恋人になりたくないのに恋人になる)事さえ可能になるのかという設定の矛盾が生まれることとなります。

本作ではヒロインが抵抗しても偽記憶(恋人関係に至る過程)と偽感情(恋意)を
植え付けていくことで拒否される事項(恋人関係と肉体関係)を可能とするといった
物語の展開を取ることで一応の恋人関係となる結末が描かれますが。
催眠導入の描写が細やかで楽しめただけに余計にヒロインの心底の同意無しに
恋人関係にもちこんでH行為描写に至る展開の荒さが目に付きました。

 シナリオシナリオ・演出・全体  CGの質CGの質・枚数・アニメなど  エロ度数エッチ・実用度・淫語など
本編のH挿入シーンまでは催眠導入を描く催眠ゲーとしてじっくりと味わえる秀作。催眠対象者を催眠により快楽に溺れさせてH行為に至った時点からエロを描くためだけの催眠ゲーと化す。主人公はヒロインに恋焦がれるがヒロインは気の合う相手としての関係を望むので催眠悪用して隷属化。幸福感や快楽で相手は拒否できないからと催眠擬似恋人関係で本編は幕を閉じるがいずれ違和感に気づき破綻する可能性有り。 裸体状態の胸・尻・股間の肉質感は効果的なCG彩色により更に魅力的に。差分無し総枚数60枚と少なめであるがメインヒロインは3人のためさほど少ない印象無し。催眠シーンと催眠中のHシーンは1シーンにつき1枚、但し前戯と挿入でそれぞれ1枚と2枚使用される事も。差分演出カットCGで目や胸や股間がクローズアップされ催眠とH状況描写がより克明で濃密に。文字表示を消去した状態でクリックするとアップ演出のおまけ機能。 挿入行為はそれぞれ4シーンで奉仕行為(フェラのみ)も有り。催眠状態で誤認識させて興味や快感を増大させて徐々に催眠深度を進め違和感を覚えなくさせる描写が見所。但し心の底からヒロインが望んだ上での合意のHは無く催眠によって快感を増大させられ記憶操作された虚像の和姦。サブキャラ3人については蛍火パーティルートにて唯一主人公以外(男子生徒3人)にフェラシーン有り。アフター編でのハーレムシーンの中で一応主人公との絡みも存在。恥じらい消去催眠で淫語使用多め。
エロゲーソフトのまとめ
 
エロゲー感想スタート画像体験版はこちらから→体験版ページへ

従来どおりのご都合催眠エロゲーの展開を期待している人にお勧め。
但し催眠導入部分のシーンが大多数で挿入エッチシーンは物語の後半までお預けです。
ヒロインたちが自分の自意識(拒否したければ拒否できる)を持ちながらも催眠の
深みにはまっていく描写が本作の見所。

ヒロインとの関係を深めたいがために主人公の信念が最初と最後でものの見事に反転し悪人になり
しかも序盤にあるような催眠悪用に対する制裁処置(BADEND)が有りません。
これは制裁措置で対抗されないほど催眠の深度が進んだことを表現したかったのかもしれません。
主人公にとっては一時的なハッピーエンドでヒロインたちが本来の記憶を取り戻した時には阿鼻叫喚の地獄が待つ虚像のハーレムという私としてはなんとも締まらない物語の結末に感じました。

エロゲーソフト投票
Q 今回の「とある社会人さん」の感想はどんな感じでしたか? 頼むからご協力を<(_ _)>
エロゲー評価良い 読み易くて面白い。
また読みたい♪
エロゲー評価良い ゲームを買う時の参考
に凄くなる。
エロゲー評価良い ネタとして笑えて
楽しめたので合格。
エロゲー評価普通 とりあえず感想として平均くらい。 エロゲー評価いまいち 平均より落ちるので
努力が必要。
エロゲー評価だめ 文章ダメ過ぎ、または短すぎ
出直し。
☆☆☆ ☆☆☆ | 結果のみ見る〜 ||
エロゲー感想50音図へ戻る