エロゲー倉庫バナー2    エロゲー倉庫RSSRSSフィード    ツイッター管理人のツイッター
 エロゲー倉庫とは? 総合入り口へ戻る  エロゲー倉庫とは?分館(・雑記・リンク等)へ  エロゲー倉庫とは?エロゲー倉庫メインページへ

エロゲーソフトの基本情報                     エロゲー感想者 管理人ラピオ 

淫祭の島〜血と白濁の贄〜 (hourglass/2010-12-10)

画像
エロゲー感想者の満足度 エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星 7 点
夜のオカズ度 エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星エロゲー評価マイナス星 5 点
メーカーバナー
孤島吸血鬼サスペンスADV
シリアス凌辱ゲーム和姦
 メディア  DVD  1枚組
CGの枚数  CGのおおかな枚数 /100 枚
エッチCGの割合  60%    音声の有無  あり
システムの感触 良い 動画の有無 なし
エロゲーの通販・買取のPCショップうの屋さん。管理人もたまに利用中。
エロゲーソフトの感想

今回のような田舎の離島に限らず、どんな場所でも100年も前を
 調べて見れば、普通に今の感覚では変に思う習慣はいくらでもあるものですが、

 その中でもやはり「夜這い」の風習については、気になって仕方がない。

 知らない方もいるかも知れないので、そのまま辞書を引用すると

 夜這い(よばい)とは、夜中に性交を目的に他人の寝ている場所を訪れること
 (ほとんどの場合、男性が女性のもとへ通う)。西日本を中心とした各地の農漁村に見られた習俗。


 という事で、村の気になるあの娘とのエッチが可能♪という幸せシステムな訳ですが、
 「夜這いの民俗学」など研究書もあって、未読ですが、今度図書館で調べてみようと思います。

 概要には、かつての農村では「村の娘と後家(未亡人さんね…)は若衆のもの」
  という村落内の娘の共有意識を示す言葉があった。


 とか、

 処女の場合は、農村の年長者、若者組の年長者、或いは親や本人の希望の相手が優先された。

 とか、村の生活てエロいなっという一節もあって、

 今更、村の権力者にでもなりたくなりましたが(笑)これくらいメジャーな風習から
 もっとマイナーな風習、とくに、生贄をする習慣などはほんとよくあったみたいなので、
 自分の町や村を調べると色々出てくる方もいるかもしれません。

 そんな訳で、今回は淫祭の島〜血と白濁の贄〜のミステリーに挑んで行きますです。

エロゲーソフトの紹介

主人公たちは就業旅行のさなか、興味本位でとある島を見学しようとした。
古い因習が最近まで残っていたと言われる島を。

しかしその島へ向かう手段はなく、途方に暮れていると、ミステリアスな女性の誘導で、
その島へとたどり着く事が出来た。
そこは無人島。当たり前ではあるが、噂を裏付けるようなモノは無かった。
しかし、突如襲った大雨と地震をきっかけに、島は姿を変えた。

それまで木々など無かった島は姿を変えた。
不気味な山がそびえ立ち、しかも島内には人が生活している様子があった。
異変に驚き、この島を脱出しようとする一同。だが、自分たちの乗ってきた船は、
自分たちをこの島に連れてきてくれた女性共々、姿を消した。

そして、どうすることもできないまま、夜が訪れた。
この島から出ることが出来なくなった一同は、島の施設で一晩を明かすこととなってしまった。
夜が更け始めた頃。
灯りもなく、人の気配の無かった島に、突如として祭の囃子が響き渡る。
主人公たちは、その音の元を探るため、移動を開始する。
それが、悲劇の始まりとも知らずに……。

エロゲーソフトのまとめ

内容

 孤島見学にきたクラスで中の良いグループが地震にあった事により不思議な状態に巻き込まれる
 サスペンスアドベンチャーです。ゲームは物語の核心に迫り、ヒロイン達と生き残ること。

 エロは、メインテーマではないので、ヌキゲーではありませんが、
 10あるエンディングを見ていくと、新たな視点が追加(ザッピングのようなの…)され、
 それが、ヒロインの視点での気持ちだったり、オナニーなどのエッチシーンだったりと
 なにげにエロシーンも多くてついついプレイしていたら、なんと久しぶりコンプリート
 して感想を書いています。 

 伝奇的な要素や、過去の因縁、クラスの仲間達との信頼、そして悲しい過去。
 ヒロイン達の個性と特技、そしてそれぞれのエンディングはちょい泣けるエンドあり
 燃える展開ありなど、オイラは凄く楽しめました。



システム・演出

一度見たところのスキップは丁寧なシステムなことに、ちゃんと視点変更がある部分では
一度スキップを中断させる設定も可能なので、5回くらいクリアしてからは、
 スキップを使いつつ、見てないルートを進めていけば 
 誰でもトルーエンドに辿り着けると思います。

 ワイドモニターに対応したフルスクリーンもあるので助かります。
 (昔のゲームとか最近のでもワイドだとびよ〜ん間延びしますよね画面が)

 通常のアドベンチャーシーンで挿入される演出は、たまにオカルティックで
 妙に生々しい演出が効果的です。さらっと語りたい方針なのかも知れませんが
 各ヒロインのエピローグはあやうくスキップしそうになるほど演出があっさりなのは、
 オイラは、もうひと演出欲しかったかも…エンディングの音楽が違うとか
 (さすがに無理か…)



音楽・声優

 内容にもピッタリな音楽に、声優さんも各ヒロインの特性に合わせたナイス人選
 で、縁起も良かった〜



好きなヒロイン。

 幼なじみの一宮 忍ちゃん。 灼眼のシャナの吉田さんのような、地味なのにナイスオッパイ
 と、時々思い出したように、主人公に積極的になるところ、そして、なんか短期間で
 やたら逞しくなるあたりも、吉田さんのようでした。ほんとナイスオッパイです。

 あと、「夏のあらし」のカヤさんのような雰囲気の(だってハーフなのに日本かぶれて…)
 も良い感じです… ああ、カヤさんなのは、やはりタイムスリ… な話でもあるからなのか。



雰囲気や展開がなんか似ているな〜と思ったら、
 やはり、以前感想した 姦染4〜the day after〜と同じライターさんでした。
 エロを盛り込みつつも、十分シナリオがドキドキして楽しいので、
 体験版をプレイして気になったらぜひどうぞ。



エロゲー倉庫トップページに戻る